Ryuのたそがれ奮闘日記 ― これからの生き方―

アクセスカウンタ

zoom RSS ガソリン価格がついに120円台に突入。

<<   作成日時 : 2015/01/22 08:52   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

  私の利用しているガソリンスタンドのレギュラーガソリン価格が、ついに127円/Lとなった。今年の正月明けに初めて129円/Lをつけてしばらくこの価格が続いていたが、ついに120円台での下落が始まった感がある。今朝の新聞では、今月のこの地区の平均価格が、132〜134円ということが書いてあったので、この120円台の価格は破格といえる。
画像
このようになる原因はもちろん原油価格の下落によるものだが、原油価格の下落傾向はこの先の見通しがつかないという。一消費者の立場から考えれば有り難い話ではある。

当然下落しているのはガソリンだけではない。原油価格が下れば、石油製品全てが下る。これによるこの国の実質利益が3.7兆円ほど増加するということらしい。

重油の価格が大きく下がっている。昨年の11月にはLSA重油 87円/Lだったものが、今年の初めには60円/Lになっている。30%以上の下落率だ。この後さらに価格は下がるということで業者間の競争が激しくなっている。

この恩恵を受ける人は日本人ならほとんどの人が対象になるだろう。しかし世の中は皮肉なものだ。この傾向が長期に続くと困る人も出てくる。

その困る人の一人がまぎれもなく、私Ryuである。
昨年、この重油量の消費量を削減するべく省エネ提案の工場設備の改修を、あるユーザーに提案したばかりなのだが、ここにきて重油価格が安くなり、設備改修によるコストメリットが薄くなってきたからだ。せっかくもう少しで受注できる雰囲気だったのにこの商談は今、足踏みしている。CO2は価格に関係なく大幅に削減可能であるが、事業者はCO2削減などということでは動かない。コスト最優先である。

テレビでのエコノミストの予測によればまったくこの先が見通せないということなので、この案件の受注見通しは期待薄である。だれかウソでもいいからこの先原油が再び上昇するだろうという考えを言ってくれる人がいれば、相場は刺激を受けるだろう。

そんなお馬鹿なエコノミストの登場を期待しているRyuである。(人生、幸と不幸は背中合わせだ。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
例の件お話しましょう。
大瀑
2015/02/20 23:41
コメントいただきましたが、例の件とは?
Ryu
2015/02/21 08:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
ガソリン価格がついに120円台に突入。 Ryuのたそがれ奮闘日記 ― これからの生き方―/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる